メタトレーダー連動EA作成ツールレビュー



メタトレーダー連動EA作成ソフトカテゴリFXって、

利益確定・損切りのルールを機械的に実行すれば、

けっこう稼げるもんなんだね (´▽`)


稼げるテクニカル指標の組み合わせをメタトレーダーに組み込んで、

売買サインに基づいて取引するだけで、安定的に稼げる。

自由にバックテストも行えて、常に利益を最大化できるテクニカル、

パラメーターの組み合わせを見つけることも。


そんなソフト・ツールがあったらいいなと調べていたら、こんなん見つけたひらめき






top_img.jpg

MT4と連動した高機能EA作成ツール。Metatraderのバックテスト機能も使える。

FXセンサー


FXを長く続けるためにはトレーダー自身で決めた売買ルールの徹底が大切になります。

一定のルールに基づいたトレードを半ば機械的に行うことで
安定して利益を上げることができるようになる、
というのは今では相場の常識となっていますね。

その際に有効なのがテクニカル指標。

テクニカル指標は実際に記録されたチャートの値動きだけをベースにしたものであり、
あとはこれをトレーダーが感情に左右されずに扱うことで高い確率で利益を上げられるようになります。

※プロトレーダーやディーラー、勝っている個人投資家もテクニカル指標は必ずと言っていいほど使用。

つまり、

複数のテクニカル指標の中から有効な組合せを見つけ、

条件が満たされた時にのみエントリー/利益確定/損切りを機械的に行うことができれば、

誰でも勝ち続けられるトレードが実践できるようになるということなんです。


「FXセンサー」はMT4(Metatrader)と連動し、
トレーダー自身が設定したルールの条件が満たされた時に売買サインを表示させるソフトです。

ツールで作成したEAが売買サインアラームやメールで通知してくれるから、
常にチャートを見張っている必要はありません。 

そのサイン通りに、機械的な売買を繰り返すだけで良いのです手(チョキ)



・感情に左右されたトレードから脱したい

・パソコンに長時間張り付いていると無駄なトレードをしやすいので、
 売買サインの出たときだけ通知してほしい

・テクニカル指標を自由に組み合わせて
 安定的に勝てるトレードルールを確立したい

・既にある程度稼げるロジックはあるので
 あとは売買サインが自動で出るようにして運用していきたい

・プロがどのようにテクニカル指標を組み合わせるか知りたい


そんな事が可能に。






使い方とか評判評価レビューしてみた。



右向き三角1 MT4(Metatrader)と連動した本格的EA作成ソフト

FXセンサーがオリジナルのEAを作り、MT4と連動しチャートを監視することができます。
現役プロの多くが愛用するMetaTraderを使うことで、同様のトレード環境を整えることができるひらめき



右向き三角1 FXで非常に有効となるEAの細かなルール作りも

FXで利益を上げるためには、感情に左右されないための、厳格なルール作りが重要です。
そのためにテクニカル指標が非常に有効な材料となります。
現在の相場を把握するための環境認識から、エントリー条件まで、
20以上ある指標の中から組み合わせて細かい設定をすることができます。



右向き三角1 難しい損切りのタイミングも的確にアラート

エントリーだけでなく、エグジットの条件を満たした時に通知させることもできます。



右向き三角1 用意された売買ルールに従ってトレードをするだけでも、利益が獲得できる

アラームとしてソフトに標準搭載させている売買ルール。
このアラームが鳴ったときにトレードを行うだけでも十分な利益を上げることができます!



右向き三角1 通常版・PRO・最強パックの3グレード

Pro版は、MetaTrader4でバックテストが行える上位版!自分で作ったルールの有効性を検証して利益率の高い独自の売買ルールが作れます。最強パックはFXセンサーProとクイックFXのセット商品!経済指標発表後の値動きを一覧表示し、最適なエントリーポイントが取れるようになります。 


あとでアップロードする事もできるようですが、

最初から、Pro版にしておく方が絶対いいと思います晴れ









FXセンサー

MT4(Metatrader)と連動したEA作成ツール。テクニカル指標を組合せた売買ルールを作成し安定的に利益を上げられます。独自のシステム連携技術を駆使してMetaTraderのバックテスト機能とも連動可能 

通常版・Pro版・最強パック






Powered By 我RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。